次回公演

《横浜》2017年9月30日(土)〜10月15日(日)[予定] STスポット
『ARE YOU HAPPY ???〜幸せ占う3本立て〜』
 ■『3人いる!』 作・演出:多田淳之介
 ■『再生』 作・演出:多田淳之介
 ■『しあわせな日々』 作:サミュエル・ベケット 演出:多田淳之介
※上記3作品の中から1日1〜2作品を上演予定

《富士見》2017年12月15日(金)、16日(土) 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
『しあわせな日々』 作:サミュエル・ベケット 演出:多田淳之介


『亡国の三人姉妹』



《神奈川》2016年10月14日[金]~16日[日] 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
《京都》2016年11月18日[金]~20日[日] アトリエ劇研
《香川》2016年11月24日[木]、25日[金] 四国学院大学 ノトススタジオ
《新潟》2016年12月7日[水]、8日[木] りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場 特設舞台
《埼玉》2016年12月21日[水]、22日[木] 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ マルチホール

[当日パンフレットより]
本日はご来場ありがとうございます。チェーホフの戯曲は、100年前からの手紙のように思えます。100年前に未来を思い描いた人々への返答のつもりで作りました。「今の私たちの苦しみは未来の人々の幸せにつながる」と彼らは言います。果たして100年前の彼らの苦しみは現在の私たちの幸せとなったでしょうか。私たちの苦しみは未来の人々の幸せにつながるのでしょうか。そして亡国の民たちの埋まらない悲しみも。なんだか浮かれ始めているこの国で、間違いなく空いているその穴を見つめるのが芸術の役割なのかもしれません。チェーホフですから、暗くて重い、そして喜劇(チェーホフ談)です。

原作:アントン・チェーホフ『三人姉妹』
構成・演出:多田淳之介
翻訳・ドラマターグ:中田博士

出演:
夏目慎也 佐山和泉 間野律子 伊東歌織 李そじん 鶴巻 紬 原田つむぎ 松﨑義邦(以上東京デスロック)
福田 毅(中野成樹+フランケンズ)

舞台監督:浦本佳亮+至福団 熊木 進 舞台美術:カミイケタクヤ 照明:筆谷亮也 音響:泉田雄太 衣裳:藤谷香子(FAIFAI) 演出助手:得地弘基 フライヤーデザイン:細川浩伸 制作:服部悦子 
企画製作:東京デスロック 一般社団法人unlock





photo by bozzo



PAGE TOP ↑