KAAT×東京デスロック『外地の三人姉妹』

2020年12月12日(土)~20日(日) KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
東京デスロック + 第12言語演劇スタジオ『가모메 カルメギ』photo by bozzo

もう帰ろう、内地に。東京に……
韓国の演劇賞を受賞し、日本国内での上演でも大反響をよんだ『가모메 カルメギ』。
この作品の翻案・脚本のソン・ギウンと演出の多田淳之介が再びタッグを組み、アントン・チェーホフの三大戯曲『三人姉妹』に挑みます。舞台を1930年代の朝鮮北部に置き換え、時代に翻弄される人々を日韓の俳優陣が競演。
協働の時代を進む東アジアのフロントラインを前進させるプロジェクトにぜひご期待下さい。

原作:アントン・チェーホフ『三人姉妹』
翻案・脚本:ソン・ギウン
演出:多田淳之介

ドラマトゥルク:イ・ホンイ
翻訳:石川樹里

出演: 
伊東沙保 李そじん 亀島一徳 原田つむぎ アン・タジョン(안다정) 夏目慎也
高橋ひろし 大竹直 田中佑弥 波佐谷聡 松﨑義邦
イ・ソンウォン(이성원) 佐山和泉 鄭亜美


1930年代、朝鮮半島の北部にある日本軍が駐屯している都市、亡くなった将校の息子と三人姉妹が住んでいる屋敷。息子は朝鮮の女性と結婚し、姉妹はいつか故郷である東京に戻ることを夢見ている。満州へ向かう帝国軍人達の描く未来像、朝鮮人の独立への想い、姉妹達の日本への望郷の想いとは・・・

ソン・ギウン(成 耆雄/성기웅/SUNG, Kiwoong)
劇作家、演出家、第12言語演劇スタジオ主宰、極東大学演劇演技学科教授。1999年東京外国語大学に一年間交換留学の際に日本語を学び、その後は平田オリザの戯曲などの翻訳、野田秀樹作・演出の『半神』(2014)、平田オリザとの共同台本・演出での『新・冒険王』(2015)など、日本演劇との交流と合作にも関わっている。2013年にはドゥサン・ヨンガン芸術賞・公演芸術 部門、今日の若い芸術家賞(文化観光体育長官賞)・演劇 部門 受賞。2013年『多情という名の病』を第20回BeSeTo演劇祭招聘作品として、東京の新国立劇場小劇場で上演。2017年に約10年間にわたって手掛けた「小説家クボ氏」四部作を完成させるなど、多岐にわたる活躍を見せる。


〈会場〉
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
神奈川県横浜市中区山下町281 Tel.045-633-6500


〈タイムテーブル〉
12月12日(土)18:30
12月13日(日)14:00 ◎
12月14日(月)休演日
12月15日(火)14:00
12月16日(水)14:00
12月17日(木)18:30◆
12月18日(金)18:30◆
12月19日(土)14:00
12月20日(日)14:00
※日韓二ヶ国語上演/日本語字幕付き
受付開始・開場:開演30分前
◎=託児サービスあり 公演1週間前までに要予約・有料(マザーズ:0120-788-222)
◆=記録撮影のため客席にカメラが入ります。あらかじめご了承ください。

〈料金〉(全席指定・税込) 
一般:5,000円
U24チケット(24歳以下):2,500円
高校生以下割引:1,000円
シルバー割引(満65歳以上):4,500円
※U24、高校生以下、シルバー割引はチケットかながわの電話・窓口・WEBにて11月21日より取扱い(前売のみ、枚数限定、要証明書)
※車椅子でご来場の方は事前にチケットかながわにお問い合わせください。
※未就学児の入場はご遠慮ください。 
※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。


〈チケット発売日〉
一般発売:11月21日(土) KAme(かながわメンバーズ)先行発売:11月14日(土)

〈チケット取り扱い〉
チケットかながわ http://www.kaat.jp Tel. 0570-015-415(10:00~18:00)
窓口:KAAT神奈川芸術劇場2階(10:00~18:00)
ローソンチケット https://l-tike.com/play/kaat/(Lコード:33434)
演劇最強論-ing https://www.engekisaikyoron.net/
チケットぴあ https://pia.jp/t/kaat/ Tel. 0570-02-9999(Pコード:503-815)
イープラス https://eplus.jp/kaat/

〈お問い合わせ〉
チケットかながわ 0570-015-415 (10:00~18:00)https://www.kaat.jp
KAAT神奈川芸術劇場『外地の三人姉妹』公演情報ページ https://www.kaat.jp/d/ThreeSisters2020

<ご来場の皆さまへのお願い>
KAAT神奈川芸術劇場では新型コロナウイルス感染拡大予防対策を徹底し主催公演を実施します。ご来場前に必ず、劇場HPの「ご来場のお客様へのお願い」をご確認ください。

美術:乘峯雅寛 照明:岩城保 音響:星野大輔 衣裳:阿部朱美 ヘアメイク:国府田圭  演出助手:相田剛志 通訳:藤本春美 字幕操作:大島智恵 舞台監督:橋本加奈子 小金井伸一  プロダクション・マネージャー:佐藤大祐
制作:林有布子 制作助手:本郷麻衣 プロデューサー:澤藤 歩 服部悦子
事業部長:堀内真人

協力:第12言語演劇スタジオ
企画製作・主催:KAAT神奈川芸術劇場 一般社団法人unlock /東京デスロック
助成:芸術文化振興基金 公益財団法人日韓文化交流基金


豊岡演劇祭2020参加『Anti Human EducationⅢ〜PANDEMIC Edit.〜』

2020年9月10日[木]〜12日[土] 豊岡稽古堂

[当日パンフレットより]
東京デスロックと申します。2001年に東京で活動を始めましたが東京への一極集中に疑問を持ち2009年より東京公演を休止、以降様々な国や地域の活動に参画しながら活動を続けています。劇団のメンバーの約半数は劇団青年団にも所属していますので今後も豊岡にはお世話になるかと思います、どうぞよろしくお願いします。
地域での活動では、やはり演劇や芸術の公の部分をどう活かしていくか、演劇を見たこともやったこともない人に、どうすれば生きていくために必要な「演劇=自分の身体を使って人間について考える方法」を手渡すことができるか、ということを考えてきました。東京デスロックという恐そうな劇団名ですが、意外にも小学校〜大学でのワークショップや、子供からシニア世代との作品作りなど“ヤンキーは子供やお年寄りに優しい説”を実証するかのような活動をしてきました。
2011年以降は観客との“場”の共有をテーマに上演をしています。そもそも演劇上演というのは、あるコミュニティの人たちが別々の感想を持つことでコミュニティ内の問題が可視化されたり、協働のきっかけになったりするものだと考えていて、この10年で分断の進んだ日本国内やアジア、世界の状況を考えても、そういった場の必要性が高まっていると感じています。そしてコロナにより“場”を作ることすら難しくなった今、私たちの心や身体、社会全体がさらに窮屈になりました。ひとりひとりに、心のこと、身体のこと、人間について思考を巡らすきっかけを手渡すことは続けなくてはいけません。芸術は時に必要緊急なものです。特に日本に住んでいる人々は緊急時の心のケアの大切さを学んできたはずです。
この作品は2019年に最初のバージョンを作り今回が3バージョン目です。前回はフリースクール の子供たちと授業をつくりました。どのバージョンも子育てや教育の当事者ではない人にとっても自分や社会の問題として教育を考えるきっかけになることを目指して作っています。教育について考えることは、自分について、人間について考えることです。今回はコロナ禍における教育をテーマに、マスクを外せず友達と話もできない子供たち、日々の消毒と現場任せの指針に翻弄され過労死ラインを超えて働く教員たち、そして日々目に見えないものに怯えながら暮らす私たち、これまで何を学んできたのか、これから何を学べるのか、今だからこそ一緒に想いを巡らせられたら嬉しいです。
本日はご来場ありがとうございました。
多田淳之介


構成・演出:多田淳之介

登場人物
1時間目 原田つむぎ
2時間目 夏目慎也
3時間目 松﨑義邦
4時間目 佐山和泉
5時間目 李そじん
6時間目 間野律子

舞台監督:熊木 進 演出助手:得地弘基 制作:服部悦子 寺田 凜(合同会社syuz’gen)

取材協力
中村陽一(海城中学高等学校教員) 畑文子(埼玉県立大宮高校教員) 吉中真菜恵(神奈川県立藤沢西高等学校教員) 福島祐美(富士見市学校図書館司書) 岩瀬哲(国立理化学研究所横浜研究所研究員) 資料協力|NPO 法人 共育の杜

企画制作・主催:一般社団法人unlock 東京デスロック
提携:豊岡演劇祭実行委員会







©igaki photo studio



PAGE TOP ↑